応募が集まる!魅力的な求人原稿の作り方

応募が集まる!魅力的な求人原稿の作り方

☆LINE友だち募集中☆

 

LINE友だち募集中

友だち追加

応募が集まる!魅力的な求人原稿の作り方

 

いくらお金をかけて、求人をしても、

 

 

「ターゲットに響く求人原稿」を作れなければ、

 

 

応募は来ません。

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

「急募」

 

「アットホームな職場です」

 

「未経験者歓迎」

 

 

といったありきたりなフレーズでは、

 

 

そんな求人原稿がちまたにあふれているので、

 

応募者に刺さらないからです。

 

 

 

 

だからこそ、

 

 

「応募者のハートをわしづかみにするような、

 

魅力的な求人原稿」

 

が必須となります。

 

 

 

逆に言うと、

 

そういう原稿さえ用意できれば、

 

 

 

「給料ばかりに頼らなくても、

 

良い人材にきてもらえる」

 

 

こういった状況に変われます。

 

 

 

 

今回のメルマガを最後まで読んでもらえれば、

 

そのための秘策がわかります。

 

 

 

 

================================

 

「良い人材」を集める3ステップ

 

================================

 

 

「良い人材」を獲得するには、

 

次のような3ステップを踏む必要があります。

 

 

 

 

◎ステップ1

 

【自社にとっての良い人材】

 

を明確にする。

 

 

 

◎ステップ2

 

その「良い人材」に向けて、

 

【ラブレターのような魅力的な求人原稿を書く】

 

 

 

◎ステップ3

 

そうして作った求人原稿を、

 

【たくさんの人に知ってもらうルートに、

 

露出する】

 

 

 

 

今日は、その中でも、

 

 

◎ステップ2

 

その「良い人材」に向けて、

 

【ラブレターのような魅力的な求人原稿を書く】

 

 

こちらをクローズアップしていきます。

 

 

 

 

 

================================

 

早速、結論!!!

 

================================

 

 

「魅力的な求人原稿」とは何か?

 

 

 

それは、

 

「求職者目線に立った原稿」

 

になります。

 

 

 

 

具体的には、

 

 

・応募者の不安を解消し、

 

・応募者が「ここで働きたい!」と思ってくれる

 

 

こういった求人原稿です。

 

 

 

というのも、応募者は、

 

 

「この会社大丈夫かな?」

 

「人間関係どうなんだろう?」

 

「社長、変な人じゃないかな?」

 

「いきなりつぶれたりしないかな?」

 

 

と色んな不安を抱えています。

 

 

 

にもかかわらず、

 

 

・給料

 

・勤務時間

 

・ありきたりな仕事内容

 

 

といったハローワークにあるような、

 

事務的な求人じゃ、

 

 

 

こういった「応募者の不安」には、

 

応えることができません。

 

 

 

 

その結果、

 

応募は獲得できません・・・。

 

 

 

だからこそ、

 

「求職者目線」にたって、

 

 

・求職者の不安のこたえ、

 

・求職者にとっての自社で働くメリットを、

 

 

具体的に、わかりやすく、

 

説明してあげる。

 

 

 

そうして作り上げた、

 

「求職者目線に立った求人原稿」

 

 

それこそが、応募を獲得できる、

 

魅力的な求人原稿と言えます。

 

 

 

 

================================

 

求人原稿の書き方ひとつで応募者は変わる

 

================================

 

 

「良い人の応募が来ないんだよね」

 

といったご相談をよくいただきます。

 

 

 

そうなってしまう原因の1つとして、

 

 

「求人原稿の書き方がマズイ」

 

 

といったものがあげられます。

 

 

 

なぜなら、

 

「求人原稿の書き方ひとつで

 

応募者の属性が変わってしまう」から。

 

 

 

例えば、

 

 

・年間休日125日!

 

・有給全消化!

 

・ボーナス4か月!

 

 

といったPRを全面に出せば、

 

 

「福利厚生目当ての人」

 

が集まりやすくなります。

 

 

 

 

もちろん、

 

「社員に還元する」のは素晴らしい事です。

 

 

 

 

また、医療福祉系など、

 

「そうでもしないと、人が集まらない」

 

といった業種もあります。

 

 

 

ですので、こういったPR自体は、

 

否定しません。

 

 

 

 

ですが、やはり、

 

福利厚生を全面に出せば、

 

福利厚生重視の人は集まりやすくなります。

 

 

 

なので、

 

「求人原稿の書き方ひとつで、応募者は変わる」

 

この事実はおさえておきましょう。

 

 

 

 

 

================================

 

給料以外の働くメリットもしっかり伝える!

 

================================

 

 

残念ながら、大企業と比べると、

 

中小企業は人気がありません。

 

 

 

 

今は、労働人口が減って、

 

「労働者有利」の時代だからこそ、

 

 

 

なおさら、中小零細企業の採用は、

 

過酷な状況になっています。

 

 

 

だからこそ、

 

ターゲットとなる求職者の目線にたって、

 

 

「相手方(求職者側)のメリット」

 

を考える必要があります。

 

 

 

 

こういう事を言うと、

 

 

「でも、うちは給料だせないしなー」

 

なんて、話になりがちなんですが、

 

 

 

 

給料はもちろん大事ですが、

 

それが全てではありません。

 

 

 

 

というのも、働き手は、

 

給料だけで職場を選んでいるわけじゃないんです。

 

 

 

例えば、

 

 

A:「給料高いけど、人間関係、極悪な会社」

 

B:「給料は少し低いけど、働きやすい会社」

 

 

あなたなら、どっちをえらびますか?

 

 

 

大概の人は、Bを選びます。

 

 

 

だからこそ、

 

「給料以外の働くメリット」を真剣に考える。

 

 

 

そして、それを「具体的に、わかりやすく」伝える。

 

 

これが大事です。

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

「うちは、給料以外にこんな福利厚生がある」

 

 

「有休消化率はこんな感じ」

 

 

「残業はこのくらい」

 

 

「こんな雰囲気の会社です」

 

 

「こういうスタッフがいます(性別、年齢層)」

 

 

「代表者は、こういう人間です」

 

 

「我々はこう言った思いで会社をやってます」

 

 

こういったことを、徹底的に伝える。

 

 

その上で、

 

 

「うちの理念に共感する方、ぜひ力を貸してください!」

 

と「熱いメッセージ」を、求人原稿に落とし込む。

 

 

 

そうすることで、

 

応募が集まる「魅力的な求人原稿」が作れます。

 

 

 

 

 

================================

 

欲しいターゲットにひびく原稿を書く!

 

================================

 

 

求人原稿は「本当に欲しい人」を

 

意識して書かないと、ミスマッチが、

 

起こってしまいます。

 

 

 

例えば、

 

 

・うちは残業が正直ある

 

 

というのであれば、

 

 

もちろん、「残業ありません」とは、

 

求人原稿に書けません。

 

 

 

もっというと、

 

「無理してごまかす」

 

というのもおすすめしません。

 

 

 

なぜなら、そうやってごまかしたところで、

 

「入社しても不一致」を起こし、

 

早期退職につながるだけだから。

 

 

 

 

そうではなくて、

 

 

「うちは残業はあるけど、サービス残業はない」

 

 

みたいな、

 

 

「実情には基づくけど、PRにもなる」

 

こういった書き方が良いです。

 

 

 

 

こんな風に、

 

 

「そもそもどういう人材がほしいのか」

 

 

「その人材にどういう内容を書くと響くのか」

 

 

こういった事を深掘りし、

 

求人原稿を書いていく事で、

 

 

自社にとっての「良い人材」が集まるようになります。

 

 

 

そして、その「良い人材」が育ち、

 

社長さんの右腕として活躍してくれるようになります。

 

 

 

 

ですので、今日お伝えしたような、

 

「求職者目線に立った魅力的な求人原稿」

 

を是非意識してみてくださいね!


お気軽にお問合せください!

 

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時