人材が定着する「指示出し」とは

人材が定着する「指示出し」とは

☆LINE友だち募集中☆

 

LINE友だち募集中

友だち追加

人材が定着する「指示出し」とは

人材が定着しない職場にありがちなのが、

 

 

「受け手が動き辛い指示をしている」

 

 

というケースです。

 

 

 

 

 

 

適切に仕事を振ってくれない職場に、
長く勤めたい、なんて思えませんよね。

 

 

 

 

結果、人材の定着率が下がってしまいます。

 

 

 

 

 

それでは、

 

 

「動きやすい指示」

 

 

 

とはどういったものなのでしょうか。

 

 

 

指示の要素として以下の3つに着目して
お話を進めますので、
頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

・What(何を)
・Way(どうやって)
・Reason(理由)

 

 

 

それでは、
具体的に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

================================
何もできない相手への対処
================================

 

 

相手に十分な経験やスキルがあれば、
指示はそう難しいことではありません。

 

 

難しいのは、
相手が「何もできない」ケースです。

 

 

 

 

そんなの、
新人の受け入れの時くらいでしょ?
簡単じゃん!

 

 

 

そうお考えの方がいらっしゃったら、
少々ツメが甘いかもしれません。

 

 

 

例えば、
下記のようなケースはどうでしょう。

 

 

・性質が全く異なる部署への配置転換
・昇進してプレイヤーからマネージャーへ
・初めて部下を持ち育成を任された

 

 

 

いずれも、
「新しいポジションで求められること」
は何もできない状態です。

 

 

 

こうした環境にある人材に力を発揮してもらい、
長く働いてもらう、

 

 

 

つまり定着化をはかるには、
どうすれば良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

================================
曖昧な指示で定着化が遠ざかる
================================

 

 

ベテランになると、
考えるまでもなく無意識に判断する、

 

 

 

 

という事が増えてきますよね。

 

 

 

 

 

例えば下記の例、
あなたはどう思われますか?

 

 

 

初めて洋食のテーブルセッティングをする、
という部下がいるとします。

 

 

<上司>「お皿の左右にナイフ等を並べてね」
<部下>「どうすれば良いのでしょうか…」
<上司>「バランス良く配置すれば良いよ」

 

 

 

 

一見「どうすれば良いか」
という部下の疑問に対して、
アドバイスをしているように見えます。

 

 

ですが実際は、
「Way(どうやって)」を示しているようで、
「What(何を)」を重ねているだけなのです。

 

 

 

 

これでは、
何のノウハウも持たない受け手は動けません。

 

 

 

確かに誰しも一度くらいは、
綺麗にセットされた
ディナーテーブルを見たことがあるでしょう。

 

 

ナイフやフォークを使う順番も、
社会人であればマナーとして
心得ている人の方が多いかもしれません。

 

 

 

ですが「適切な指示」が上司の仕事であり、
「考えればわかる」は通らないのです。

 

 

 

例えば上記の例であれば、
「お皿の左右からこぶし一つ分くらい
 はなれた所に配置するとバランスが良いよ」

 

 

 

など「具体的に」伝えることができれば、
本物の「Way」と言えるでしょう。

 

 

 

 

動き辛い指示が続くと
部下はこんな風に考えるようになってしまいます。

 

 

 

「いつも上手く動けない」

 

 

 

「自分にはこの仕事が向いていないのかも」

 

 

 

「もっと気持ちよく働ける仕事に変えようかな」

 

 

 

こうしてやる気を失わせてしまったり
定着からほど遠い気持ちにさせてしまうので、
指示出しの際には注意を払う必要があるのです。

 

 

 

指示する側のキャリアがあれば、
幾つもの「Way」を思いつくだけに、
意識していなければ気づき辛い点と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

================================
「自分で決めた」と思わせる
================================

 

 

人間の行動特性として、
「自分で決めたことに価値を感じる」
というものがあります。

 

 

 

販売員が使う心理テクニックとして
ご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

店員から
「これが絶対にお勧めですよ!」
と言われるよりは、

 

 

 

「AとBどちらがお好きでしょうか」
と買い手に選ばせたほうが
購買意欲が高まる、というものですね。

 

 

 

 

 

働く人の心理としても同じことが言えます。

 

 

 

同じ「指示」を受けるにしても、

 

 

 

「言われてやらされている」

 

 

 

と思って作業をするのと、

 

 

 

 

「指示のうち自分で決めたものをやっている」

 

 

 

と能動的に取り組むのでは、
仕事に対する価値が全く異なるものになるのです。

 

 

 

 

「自分は価値のある仕事をしているんだ」
という気持ちは職場への満足感を高め、
ここで長く働きたい、という思いへつながります。

 

 

 

全ての指示で実行するのは難しいかもしれませんが、
可能な限り「指示に幅を持たせる」
ことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

「どちらの方法がより適切かな?」
「やるとしたらどっちが自分に向いてる?」

 

 

 

など大まかな選択でも、
受け手が答えを出す時に「自分で決めた」
と感じることができればOKです。

 

 

 

 

 

================================
満足感が高ければ定着する
================================

 

 

 

「素直に聞ける指示がもらえるな」

 

 

 

「アドバイスで成長できている気がする」

 

 

 

このように感じる会社でなら、
「長く働ける」と思ってもらえますよね。

 

 

 

つまり、
人材が定着する指示というのは、

 

 

・やる気を失わない

 

 

・成長の実感を持てる

 

 

ものである必要があるのです。

 

 

 

加えて、

 

 

「やらされてる感がない」

 

 

 

「自分で決めて動けている」

 

 

 

 

という選択の満足感があれば、
「この会社で成長していきたい」
とさえ思ってもらえることでしょう。

 

 

 

貢献度の高い社員の定着は、
事業の発展にとって大きな力になります。

 

 

 

是非「指示」について、
改めて向き合ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

===============================

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

 

気持ちよく働くのは大事だけど、
あまりにも「丁寧な指示」をすると
自分で考える力が育たないのでは?

 

 

 

そう心配されている方も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 

この点で重要になってくるのが
「Reason(理由)」です。

 

 

 

 

別の言い方をすれば、
「何のためにその作業をやるのか」
を理解してもらうということです。

お気軽にお問合せください!

 

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時