歯科医院の現状とは

歯科医院の経営数字を語るとき
大きく分けて売上の視点でみると4つの類型があります。

 

歯科医院の現状

 

@毎年、増減を繰り返すパターン

 

Aここ何年か急上昇しているパターン

 

Bここ10年ぐらいは、右肩上がり。最近、少し減少し始めたパターン

 

Cここ20年で右肩上がり(継続的に増加)

 

どのパターンでしょうか?

保険外診療の是非

保険外診療主義は避けるべき

 

 

 

保険外診療自体は否定はしません。
売上は上がるし、職員さんの歩合給を導入している診療所もあります。

 

『保険外診療を重要視する経営は避けるべき』

 

何故でしょうか!?

 

経営上、安定しません。

 

インプラントで名を馳せている方ならともかく、劇薬のような売り上げアップはあります。短期的目標なら良いでしょう。

 

職員の定着率が下がる

 

職員も売り上げ至上に陥り、自分のやりがいを見失います。短期的に稼ぎたい方を雇いたい場合は良いでしょう。

 

 

先生は、どのような経営を目標に経営されていますでしょうか??

職員さんのバランス

家族経営の歯科医院からユニット20台以上の歯科医院まで、役割分担でみると大差はありません。

 

歯科医師(Dr)
 国家資格者

 

歯科衛生士(DH)
 国家資格者

 

歯科助手(DA)
 資格は不問

 

受付
 医療事務経験者が多い

 

大きな歯科医院は
歯科技工士

 

レントゲン技師等も雇用したり

 

入院施設もあったりと
「ワンストップ」で経営されている診療所もあります。

どのような診療所にしたいのか?

『どのような診療所を目指すのか?』

 

この答えに、今後取り組むべき課題が見えてきます。

 

「どの立場の人を何人雇いますか?」

 

「一番重要視するべき職種とは?」

 

「採用に関してどのようなロジックで取り組んでいますか?」

 

「売上が下がる要員とは?」

 

「両立支援は考えておりますか?」

 

「歯科医院は本当に過剰なのでしょうか?」

 

「職員の定着に対して、何か対策はされていますか?」

 

先ずは現状把握からです。
歯科医院専門の労務コンサルは
診療所に詳しい当事務所まで

お気軽にお問合せください!

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時



メルマガ登録はこちら


人事労務ブログ

トップへ戻る