歯科医院マネジメント論

歯科医院マネジメント論

 

歯科医院の今後の経営をサポートします。

 

 

【歯科医院マネジメントのご提案】
・ユニット数からのマネジメント
・歯科衛生士さんが、定着する仕組み創り
・歯科医の先生、歯科衛生士、助手、受付事務の適正配置
・各担当者の採用・定着の仕組み
・リピーターを増やす仕組み
・今後の労務で必要なマネジメント
・内部留保を貯めていく仕組み
                  など

10年先を見据えた経営

歯科医院の10年先を見据えた経営とは?

 

計画的な経営をすることです。

 

現状の問題点は如何でしょうか?
その歯科医院によって問題は色々とあります。
・売上が安定しない
・歯科衛生士さんが定着しない
・短期的な売り上げは伸ばせるけれど・・・
・最近、患者さんが減っているようだ

 

先生は、どのような歯科医院を目指していますか?

問題の本質はどこにありますか?

歯科医院の場合、ただ労務アドバイスをしても解決できない問題が多くありそうです。

 

理由は、

 

経営数字を見据えていない

 

歯科医院の性質を理解していないケースがある

 

定着の仕組みがはっきりとしていない

 

規模が大きくなると、細部に目が届かない

 

など、歯科医院の構造から経営の仕組みを理解していない事が挙げられます。

歯科医院マネジメント論のご提案

規模や経営状況により、適切なアドバイスと10年先の経営をご提案させていただきます。

 

・人員構成とユニット数は適切か?
・最も大事にしなければいけない人とは?
・歯科衛生士さんを育成する仕組み
・人材定着と採用の仕組み
・働き方改革を踏まえた経営
・人件費の割合
・経営数字マネジメント(人件費を減らさず粗利を3割増やすには、売上は何%アップすればよいか?等)
・自費診療はどこまで取り組むのか?
・労働生産性を上げる取組

人材配置の仕組み

スキルや経歴以外にも、個人個人の性格は大事なもの。

 

人の合う合わないは感覚的なものでもあります。

 

・先生の右腕となる「NO.2」の人を選ぶ時の基準は明確ですか?
・抽象的な性格判断以外にも、明確な基準は必要ないでしょうか?

 

今まで5、000社以上の導入実績のある、「人の個性」を踏まえた人員配置をご提案します。

 

採用時から、現状の分析も行います。

お気軽にお問合せください!

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時



メルマガ登録はこちら


人事労務ブログ

トップへ戻る