【完全初心者向け】助成金の始め方

 

 

助成金の情報を知りたい人

「助成金が受給したい。これから情報を得たいけれど、いったいどこから手を付けたらいいんだろう・・・。頑張って探す気持ちはあるけど探す手順がわかりません。具体的な方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

 

【完全初心者向け】助成金の始め方【1か月で達成できます】

 

 

助成金の始め方

・@助成金の基礎を理解

 

・A現状の把握:自社の現状を把握

 

・B自社の運用と助成金を照らし合わせる

 

・C申請手続き

 

直ぐに、助成金の全体像を知りたい方はこちら

助成金の全体像

 

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これから助成金を探したい、又は使える助成金はないのか知りたいけれど、どこから手をつけていいか分らないよ」という方に向けて書いています。

 

この記事を読むことで、「助成金の基礎と、これから自分の会社で取り組むべきことがイメージできるようになると思います。

 

僕自身も、「助成金が取得できる会社の経営者には会ってはいても、準備不足だったり、もう既に取り組んだ後にお会いしたりして、もう少し早くお会いしていれば対応できたのに・・・」という事例がありました。控えめに言って、助成金を受給することをお手伝いしてきた僕が、助成金に感謝の気持ちを込めつつ、記事を執筆します。

 

動画でも解説してます♪

助成金解説@【助成金と補助金の違いとは?】

 

助成金解説A【助成金の要件とは?】

 

助成金解説B【助成金の判断基準とは?】

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

@助成金の基礎を理解

 

先ずは、助成金についての基礎知識が必要です。

 

助成金は返済不要のものです。
助成金の財源はどこなのでしょうか?
それは、
「労働保険料」
です。

 

ですから、労働保険料の支払いや法定帳簿の適法な備え付けが求められます。
更に、雇入れに関する助成金に関しては、最近の離職状況も問われます。

 

・労働保険の適用事業所であること
・労働保険料の滞納がないこと
・就業規則(又は労使協定等)や法定三帳簿(出勤簿・賃金台帳・従業者名簿)、雇用契約書等の備え付け
・雇用保険の適正な手続きがされていること
・社会保険(健康保険・厚生年金)の適正な手続きがされていること
・最近6か月以内に会社都合で解雇した従業員がいないこと
・会社役員に過去5年間において他の会社で助成金の不正受給に関与した役員がいないこと
・過去1年間に、労働関係法令違反により送検処分を受けていないこと
・反社会的勢力や風俗営業関係事業主でないこと

 

助成金と補助金を同じものと考えている方もいらっしゃるようです。
助成金と補助金の違い

助成金 補助金
管轄省庁 厚生労働省など 経済産業省など
代行できる人 社会保険労務士のみ 指定なし
支給要件 申請要件が満たされれば支給される 数が限定されている

 

補助金については、経済産業省や中小企業庁の国庫を原資とするものです。
売上や利益の数字等を提示する必要があります。

 

「助成金は満額が助成されるの?」

 

この質問も、よくいただきます。
結論は、ほとんどの助成金が助成率という掛け率が存在します。
ですから、支出した額と同額が助成されないのが多いです。

 

「助成金の支給タイミングはいつなの!?」

助成金は最後に助成されるケースがほとんどです。
流れは
会社が支出したり、取組や採用して、その後に支給申請して助成されます。

A現状の把握:自社の現状を把握

法定四帳簿の備え付けは必要です。

 

・賃金台帳
・出勤簿
・従業者名簿
・年休簿

 

法定四帳簿の詳しい説明はこちら

 

就業規則も必要になります(労働者が10人以上の事業所)

 

「業種で助成金の対象にならない業種はありますか?」

 

風俗営業等事業主は非該当になります。

 

「その他に助成金の受給対象にならない事業所はありますか?」

受給対象にならない主な要件
・労働保険料の滞納をしている
・過去3年に助成金の不正受給をしている
・暴力団関係事業主
・倒産している
・帳簿の備え付けをしていない
・解雇した経緯に問題があった(6か月前から1年前)

B自社の運用と助成金を照らし合わせる

 

 

社長のこれからのビジョンに合った助成金を選ぶべきです

 

助成金受給のために、会社の方向性を変えるのは「ナンセンス」です。
社長の今後のビジョンはどのようなものでしょうか!?

 

上記の受給できない状況でなければ、助成金の受給は可能性があります。

 

「人を雇いたい」
「教育制度を充実させたい」
「働き方改革を取り入れたい」
「社員のモチベーションをあげたい」
「設備投資して、効率化させたい」

 

社長の今後のビジョンはどのようなものでしょうか?

C申請手続き

 

・申請手順はそれぞれの助成金によって異なります。

・取組が必要な場合は、申請後に取り組む必要があります。
・設備投資の場合は、契約前に申請が必要になります。

助成金とは記事一覧

助成金についてのよくある質問をまとめてみました。本記事のテーマ【助成金初心者向け】よくある質問に回答します。よくある質問とは法定三帳簿とは?助成金と補助金は違いがあるの?就業規則は揃えなければいけないの?うちの会社は助成金の対象なの?それぞれ見ていきましょう。

助成金について基本事項を二つにまとめました。ほとんどの助成金を受給するために必要な要件外国人と助成金の関係

助成金と補助金を同じものと考えている方もいらっしゃるようです。助成金と補助金の違い助成金補助金管轄省庁厚生労働省など経済産業省など代行できる人社会保険労務士のみ指定なし支給要件申請要件が満たされれば支給される数が限定されている補助金については、経済産業省や中小企業庁の国庫を原資とするものです。売上や利益の数字等を提示する必要があります。

最近、耳にする「勤務間インターバル」とはどのようなものでしょうか?「勤務間インターバル」とは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図るもので、2019年4月から、制度の導入が努力義務化されました。【動画解説】2020年の変更点について概要について詳細について

【 回答 】原則的に支給申請は可能である。しかし、機器を導入する場合は同じ機器で別の給付金は受給できない。【 見解 】最近は、補助金や助成金の種類が増えて別の補助金等を支給されてるケースがあります。ものづくり補助金やIT補助金等、補助金を活用する事例も増えております。そこで気になるのが、「ある補助金と別の助成金を併給できるのか?」という質問です。新規機器を導入することで補助金を受給する場合は、当該...

お気軽にお問合せください!

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時



メルマガ登録はこちら


人事労務ブログ

トップへ戻る