年次有給休暇のリアル

最近よく耳にする「働き方改革」

 

その中でも「年次有給休暇」に関することでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

1年で5日間は取得する必要があります。

 

これだけ世間を賑わせいますので、労働者の方も権利として主張するようになります。
そもそも、年次有給休暇の申し出があった時、事業主は断ることができるのでしょうか?

 

年次有給休暇は事業主が許可したときに権利が発生するものではありません。
事業主が主張できるのは、時季変更権だけです。
「人員不足で、違う日に変更してもらえないか?」と取得する時期を変更してもらうことは主張できます。
しかし、労働者に取得させる必要があります。

 

最低賃金も上昇傾向ですし、年次有給休暇の取得、労働時間の上限が決まっているなかで企業運営が困難になっていくことが予想されます。
根本的に「企業のお金の見える化」が必要です。

 

社長の大きな不安要素の一つに
「お金の流れが見えない」
という不安があります。

 

今一度、コスト面も見直し
採用できる人数の見極めが重要です
経営数字も踏まえたコンサルティングは当事務所まで
年次有給休暇のリアル

お気軽にお問合せください!

TEL 0123-25-9483

受付時間 平日10時〜17時



メルマガ登録はこちら


人事労務ブログ

トップへ戻る